LOG IN

リヨンに行ってきましたよ!

by Saya

こんにちは!さやえんどうです😁

さてさて、バカンス始まりました!バカンスのスタートは、フランスの第二の都市リヨンです!

リヨンは私がとても行きたかった街。フランスに行くならリヨンに留学したいって思ってました。あ、私はリールが好きなので場所選びには後悔してないですよ!

久しぶりの一人旅でした!リフレッシュできました!でもリヨンで一日券を買わずに、一回だけメトロに乗っただけだったので三万歩ほど歩きまして、クタクタです。いや、最近太ったからたくさん歩けたので体には良いのかもしれないです。

もう、見るからに治安の良さそうな街ですこと、って思いました。太陽もあるし、川もある。でも、リールと同じくらい寒かったです。カイロ持っていって正解だった。暖かさを求めて南下したつもりだったのに。

私の目的はここにあるリュミエール博物館に行くこと、映画博物館に行くこと、それだけです!

それ以外はノープランでした。というか、何も知らないまま行ってどれだけ観光客向けにサービスがされているかを見たかったんですよ。

うん、まあ、普通に結局はグーグルマップを使ったんですけどね。

いかにパリという街が整備されていて、観光客に優しいかってことを改めて思い知らされて。

そして、首都と第二の街でこんなに差があるの?って知りました。

逆に言うと、私の住んでいるリールはフランスで言うと第四の街なんですけど、第二の街と第四の街でもこんなに差があるの?って感じました。

メトロはパリよりも綺麗でしたし、リールよりも設備が整っていました。

いちおうバカンスシーズン、日本でいうゴールデンウィークもどきなのでね、TGVの中が子供の鳴き声、いやあれは限りなくわめき声に近いな、わめき声で溢れていました。大変そうだなお母さん。お父さん新聞読んでやんと手伝ってあげなよ!って思いました。

そしてまさかの遅延。乗客が乗り込むのが遅かったんじゃなくて、ただの機械トラブル。

この日、ほぼ、どのTGVも遅延してました。まあ、いつものことだけど。間に合ったことなんて一度もないけど。乗り継ぎができたからマシとする。

リールからリヨンまではTGVで三時間ほど。

着いてすぐに、リュミエール博物館に行きました。博物館、公園、映画館がありまして。近くにはマルシェみたいなものもありました。

公園の中を歩いて博物館に向かっていると、1歳と三ヶ月って言ってたかな?

女の子がこっちを見てきたので"Ça va?"って話しかけたら、「この子ちょっとシャイなの」って言われたので、静かに手を振ってたんですよ。

そして、一度分かれてまた出会ったので手を振ったらいきなりこっちに向かってトコトコ走ってきてハグをしてくれました。

四回ぐらいハグをしてくれて、お母さんも、「あーら珍しい」って言ってて。

めっちゃ可愛くて、ずっと私の方を見ながら"Au revoir"って言ってくれたり、一回離れてもまたトコトコ走ってきてくれたりして、離れるときちょっと悲しそうな顔をして動かないからお母さんが抱っこして連れて行ったりして。

なんてかわいいの。

でもなんだろ、最近、老けた?

いままでこんなことなかったのよ。子供に懐かれるのとか。なんか最近、にじみ出てるのかしら。

子供っていいね。なんか元気もらったわ。

というか、リヨンの人って優しいのかな?リールの人よりも、目が合う確率が高いし挨拶してくれるし。なんか話す機会多かったなぁって、思いました。性格的にはやっぱり南の方があってるのかもしれない、と思ったけど、私は南じゃなくて西の人間だったね、そういえば。

ここ、めっちゃ楽しかった!カメラとか興味ある人、本当にオススメです。映画史とか、映画の授業を受けたときに学んだ、箱の中を覗くスタイルの映画、初期のものだけど。それ置いてあって、覗き込んでワクワクしてました。

映画制作の歴史が絵画で残ってて、それを見ながら実物も目の前にあって。本当に楽しかったです!もう、映画の父ですからねリュミエール兄弟!楽しかったな~。私も覗く映画の機会とか、絵に光を当てながら拡大して壁に映す機会(元祖プロジェクター)とか欲しいよ!!!!

だからね、テンションあがって買ってしまったね。旅行ってダメだね、散財しちゃうもんね。だから、この後本当にお金を使うの辞めました。ユーロ高いんだよ!!!!悪いこと言うけど、ほんと、なんかヨーロッパで起きて、円に対するユーロが低くなったりしませんかね?

こういう鞄、めっちゃ増えていく。これしわ伸ばさなあかんなぁ。

お腹すいたなーとか思いながら、映画博物館に向かったんですけどね。

旧市街の中にあったんですけど。現金がなくて入れなかったの。でもいいの。リュミエール博物館でめちゃくちゃ楽しんできたから。

🚨ここで一つ🚨

リールは、ほぼカード社会です。リヨンはまだ少し現金を使う社会のようです。

~€以上、っていう表記をよく見かけました。

途中おなかがすいたので、一瞬、レストランに入ろうとしましたが。

やっぱりヨーロッパで、一人でレストランってちょっと入りにくいんですよね。ペアが普通みたいな考えが残ってて。

だから、パン屋さんに入ってキッシュロレーヌを買いました。

でもね、ここでも、6€以上じゃないと買えなかったから、リヨンの街中に入ってよく見かけるパンを買いました。

このピンク色のパン、有名なの?

あと、ピンク色の金平糖みたいな形をした、あれなんだろボンボンかな?それともチョコレートなんかな?

あと、鮮やかな水色のものもよく見かけました。

フランス料理人を目指してる後輩がいるんで、その子にでも聞いてみます!

あと、リヨンはだまし絵が有名らしいですね!見てきました!ポールボキューズ!そして星の王子さまも!遠くから見たらどれが本物でどれがだまし絵なのか分かんないです。目が悪いってのもあるけど。すごいなぁ。かっこよかったな。この、名もなきおじいちゃんが良い味を出してるのよ。一番リアルなのよ。

そして美食の街らしく、ポールボキューズ市場へ。

もう、何も言いません。写真で楽しんでください。お惣菜が美味しそう!

でもね、歩き疲れてさ、結局普通にスタバに入ったり、普通にカルフールで買い物したりして、リールにいるときとそんなに変わらない、珍しいことはしませんでした。

ブション(リヨンの大衆食堂みたいなもの)に行かなかったからね。

せめてもと、買いました。こちら。クネルとかいう、魚のすり身を茹でてスフレにしたものらしい。

一応、プランタンとギャラリーラファイエットがあったから立ち寄ってみましたが。パリとは比にならないぐらい、まあ俗に言うとジャスコに毛が生えた感じ。

あ、言い直します。

ジャスコに髪の毛が増量したような雰囲気を持ち合わせておりました。(特に上品に言い換えれたわけじゃない)

とりあえず香水を見ながら、一つ気になってたブランドの香りをかがせてもらって。その時は強かったから、辞めときますって言ったんですけど、あとあとからそれほど強くなくて良い香りだなって思ったので、今度パリ行ったときにでも買ってみようかなと。

帰り、隣に座ってたおじさんに、「ちょっとこれからご飯食べるけど、においとかで君がお腹空いたら、これちょっとあげるけどいる?」って言われたんで、「私も食べ物持ってるから大丈夫ですよ~!」って言っときました。優しいムッシュー。

あ、食べ物でいうと、一つクレーム。いや毎回言ってるけど。

歩き疲れたとき。コンビニのからあげが食べたい。5個入りの。やのに塩分摂取の簡単なものは、チーズと生ハム、もしくはスナックしかない。

おにぎりとかもいいな。サンドイッチしか置いてないけど。

ないものねだり

コンビニ行きたいな。って思いながら、TGVにのってリールに向かってます。

そしたらバディから、「今日はどら焼きを食べようと思って注文したらようかんでてきた。」ってLINEがきたので、「どら焼き好きなん?」って聞き返したら、「うん、さやは友達だから好きやけど、それよりもどら焼きが好き。」って言われました。

こんにちは、どら焼きに負けた女です。

ドラえもんやないか!!!!

確かに、ドラえもんとのび太の関係性であることに間違いはないですね。(何を言っている)

なんだかんだ、パリ以外のフランスの街に行ってなかったので新鮮でした。楽しかったな。一人旅も、友達と行く旅行も楽しいから、旅行は好きだなぁ。留学中って、日本にいるときと、ものの見方が少し違うような。というのも言葉が分かんないからとりあえず好奇心に任せて手に取ってみたり、この国で生活するにはまだまだ初心者マークがついてるから、失敗は当たり前だって思いながら行動することが多いから。

ても、その結果、こうやって好きなものをたくさん見つけれるのは、今後の財産になるような気がする。

好きなもの好き!

思ったより好きじゃないな。

こんなもの好きだったんだ!っていう自分を見つめ直すことにもつながるし。

フィルターをとっぱらうって案外難しいけど。

さーて、パワー注文してきましたのでまた頑張るぞ~!とりあえず購入したDVDを見ます!それではまた!Au revoir!(女の子、可愛かった。)

OTHER SNAPS