LOG IN

緊急事態になったときの話

by Saya

こんにちは~!さやえんどうです!
もう「ものいい」飽きました。普通に登場です。

前に書いたんですよ、ビザ申請が遅れたっていう話。それについて書きます。裏話的な感じです。

私ともう一人仏文の同期の子(0ちゃん)の二人が今回の派遣生として選ばれているのですが、DU FLE(有料語学コース)を申しこまず無料の大学の語学コースのみを受講すると連絡していました。この決断が自信の首を絞めることになるとはついしらず、、、。
許可証をいただき、いよいよキャンパスフランスの登録、そしてビザ申請が普通の流れなんです。普通は。
 で、す、が、
実は問題が発生したんですね。
ある朝、GECの飯沼さんから電話とメールが!

リール第1大学から入学許可が下りないとの連絡が。至急集合。

津田先生 飯沼さん
  |    机    |
0ちゃん  さやえんどう

入学許可証がなければ当然ビザもおりません。そうなると、私たちはフランス留学できないんですよね。

緊急事態フランスに行けないの巻

そしてこのメッセージを受け取ったのは6月の半ば。私たちに与えられた時間は二週間弱。(担当者の出張により、音信不通にもなりました。土日は連絡が取れないし、時差あるし)なおかつ、六月の末までに全てを終え、入学許可証を手に入れる必要がありました。な、ぜ、な、ら!ヴァカンス!フランス人の大好きなヴァカンスが待っているからです!ヴァカンス時期に仕事なんてしませんし、なんならメールさえ送ってはいけないという暗黙の了解があります。ほんとセボーンだな。

  「対応力と交渉力」
この一件で痛感しましたよ、この重要性。まだまだフランスで生活を送っていない私が語れることなんてたかがしれてますが、もう留学生活はそこまできている。というか、もう始まっているんだと感じました。良い意味でフランスから洗礼を受けました。仏文やGECの先生方のサポートもあり、留学先とのいくつかのやりとりの後、6月の末には無事入学許可証を手に入れました。やっと手に入れた入学許可証!とてもとても重く感じました。(嘘っす。PDFっす。うっす。)

一つ言えること、
DU FLEは受けましょう。絶対に受けましょう。

  「入学許可証がもらえません=ビザがとれません=フランスに行けません」  次のテスト出ますよ!
フランス人はさぞかしヴァカンスを、楽しんでいたことでしょう。

入学許可証がはやめに手に入れば6月からできたことです!早めが大事です!間に合うとは思いますが、私の留学準備を反面教師にしてくださいね!

それではこの辺で!Au revoir!


Saya
OTHER SNAPS